Briongóid

幻楼堂奇譚

image theme of the story

店主が亡くなったばかりの、古美術店「幻楼堂」。

孫娘の紗枝はひとり残され──と思いきや、彼女はひとりではなかった。
それどころか、うっかりすると増えていく……!?

不思議なもの達と、生活費を稼ぐために奮闘する少女のお話。
よくある「骨董店モノ」です。

「読んだよ!」とお伝えいただけると励みになります。どちらも登録不要、匿名可。

拍手は非公開・返事なし、マシュマロは公開・お返事ありです。

※著者注)一応短篇集になる予定。予定は未定……。

arrow_upward