Brionglóid

海賊と偽りの姫

海賊と偽りの姫

海港都市ヴェスキア

24

 そこから酒が運ばれてくるまで、ふたりは一言も話さなかった。
 船長室(キャプテンズ・デッキ)の奥の私室で、ルシアスは執務机の傍らに立ち、ライラは壁際の寝台に腰掛けている。

 視線を合わせるどころか、お互いの顔すら見ない。そうなると、酒が運ばれてきた時点で何か言わないことには、きっかけを永遠に失ってしまいそうだった。

 黙ってルシアスが酒を注いだその隙に、ライラは思い切って口を開いた。
……何だか、難しい話になってしまったな」

 ルシアスはちらりと視線を彼女に向けただけで、再び杯に目を戻した。

「気にするな、こちらの問題だ」
「そういうわけにも行かない。だって、私のせいだろう?」
「せい、ではないな」

 言葉少なで硬質な彼の言い方に、見えない壁を感じたライラは嘆息した。
 これでは話も何もない。

 相変わらずルシアスが何を考えてるかは謎だったが、好意的に思われてはいないのは感じた。
 しかしそれならそれで、こちらも割り切れば良いのだ。ライラ自身がなんらかの結論を見つけ、予定通り朝を待ってここを出ればいいだけだった。

(聞きたいことと、言いたいことは何だったっけ)
 室内に漂うこの空気に、落胆する気持ちがあるのを否定はできない。
 が、せめて後で心残りになることが無いよう、必要なことを整理しようとライラは思った。

 俯くライラの前に、酒の注がれた杯が差し出される。
 顔を上げると、ルシアスがすぐ目の前で彼女を見下ろしていた。

「ありがとう」
「お前のせいではないが、お前のためとも言いづらい。そんな顔をされている内は、特にな」

 どんな顔だろう、とライラが思う間もなく、ルシアスは彼女から離れてしまった。
 ルシアスは、船尾窓の向こうの暗い海に視線を向けながら言った。

「結局、俺がひとりで空回りしてるだけだ。やりたいからやってる。お前が気に病むことではない」

 ライラは目を見開いたが、彼の視界にはおそらくそれは入っていない。
 ルシアスは自嘲気味に続けた。

「最初は、お前が俺の手を取る気になるまで待とうと思った。だが、スタンレイにはぬるいやり方に見えたんだろう。ディアナにも言われた。おかげで、こうして退路を塞がれてしまったわけだ」
……
「俺自身、今日コルスタッドに会って痛感した。手をこまねいていては駄目だ、こちらも本気で行くべきだと。――しかし実際にお前のその顔を見たら、正直迷う」
「迷う……?」

 ライラが聞き返すと、振り向いたルシアスは少し寂しそうに微笑った。
「俺を見る時のお前はいつもそうだ。困惑や警戒。触れただけで砕け散りそうなくらいの緊張。俺が何をやっても、それが一向に変わらない」

 ライラは愕然とした。言われている事がうまく理解できなかった。
 そんな風に見られていた事自体、思いもよらないことで、当然その行為の自覚などない。

 ルシアスはそこで一度、杯を口元に運んで酒で口を湿らせた。こんな話をしながらも、彼の口調は普段と変わらず落ち着いていた。

「他の男のことは、気軽に受け入れているように見えるのに。ジェイクもバートレットも、あのエスプランドル人の航海長や水夫もだ。……俺だけ故意に排除されているのかと思えば、迷いもするさ」
「そ、そんなの誤解だ! ただの思い過ごしだ!」

 そこでようやくライラは反論した。
 しかし、ルシアスは取り合わずに続ける。
「あの日人魚(シレーナ)号から戻った時に、ようやくお前が俺の方を見たと思った。でもそれも、俺の都合のいい思い込みだったのかもしれない」

 ライラは急に目眩に襲われて顔を歪めた。
 今夜は酒量が過ぎたのだろうか。そう思いたいほど思考がまとまらなかった。

 ひどい気分だ。
 何とか杯を脇に置き、ライラは蹲るようにして両手で頭を抱えこむ。動悸が激しくなるのを、何処か他人事のように感じた。

「待っ……。頼む、ちょっと待ってくれ。混乱してきた。ルース、お前が何を言ってるかわからない」
「以前、船に残ってほしいと言ったろう」
 取り乱しかける彼女を心配するでもなく、ルシアスは机の脇の位置から動かずライラを見下ろしている。
「その話だ」

 ゆるゆると顔を上げたライラは、ルシアスのその表情を見て己の罪深さを理解した。
(私は、そんなにお前を傷つけてしまっていたのか)

 今まで、誰と関わっても深い関係にはならないよう、自分を制御してきた。
 それは旅を続けるにあたって、障害を生まないための工夫だった。

 誰にも惹かれてはならない。年頃の娘であれば誰だって受けるであろう秋波も、気づかないふりをした。気のせいだ、そんなふうに思ってくれる相手などいるはずがないと、自分に何度も言い聞かせて。

 そうしている内にいつか、本当に何も感じない人間になれるように。

 恋人も友人も、楔になる。旅立ちを告げれば相手を傷つけてしまう。
 それに何より、己の決意があっさり揺らぎかねない。強い意志など、本当は自分ほど縁遠い人間もいないと言うのに。

 目的を果たすまで、この旅を放棄してはならないのだ。だから、しがらみを嫌ってひとりで生きてきた。

(でも、今回は失敗したみたいだ。ルースにこんな事を言わせてしまうなんて)

 それだけではない。気づかないふりなんてもう無理だった。
 今、ライラの心は血を吹き出しながら悲鳴を上げていた。一緒にはいけないのに、彼との別離を考えるとものすごく苦しい。

 いつの間に、ルシアスをここまで受け入れてしまっていたのだろう。

 彼は故意に排除されていると感じたようだが、逆だ。
 それ以上関わったら、彼に惹かれてしまうと本能が警鐘を鳴らしていただけだ。すべて投げ出して楽な方へと走り出しかける自分を、最後の理性が留めていたに過ぎない。あの深海色の瞳を正視したらどうなるか、自信がなかったのだ。

 何もかも放り出して、彼との航海を選べたらどんなにいいか。

 けれど一方で、こうも思う。
 己に課した使命を欲に負けて投げ出すような人間は、クラウン=ルースには釣り合わない。ルシアスもそんなライラに失望するはずだ。
 なによりライラ自身が、罪悪感に耐えられないに違いなかった。

(そうだ。他の選択肢なんてない)
 わかっているのに、それでも選べなかった。ここに残ってほしいと言われたあの瞬間から、ずっと。

 ライラは再び俯いて、苦痛を堪えるように奥歯を噛み締めた。
「ルース。私は」

 この瞬間に、自分が死んでしまえばいいのにとすら思う。これ以上彼を傷つけないために、再び彼を傷つけるしかないなんて。

 彼はどうしてこんな自分を求めてくれたのだろう。
 ルシアスなら相応しい相手がもっといるはずだ。きっと、世界中に沢山いる。自分ではない誰かが。

 ライラは目を閉じ、膝においた手を握りしめる。拳が震えた。
 もう、言わなくては。

「私は、お前と一緒には行けない。その道は、選べない……
 絞り出すように告げた。

 返事はすぐにはなく、永遠に近いような静寂が訪れた。
 やがて、やけに遠く感じる位置から低い呟きが返ってきた。

……。そうか」

 その時のルシアスの表情を、ライラは見る勇気がどうしても持てなかった。