Brionglóid

海賊と偽りの姫

海賊と偽りの姫

海港都市ヴェスキア

19

 呆然とした様子で、ロイはのろのろと椅子に腰を下ろす。
 それからは沈黙が流れ、室内の空気が張り詰めていった。

「すまぬ」
 ロイの口からふと、呟きが漏れた。
「軽んじたつもりはなかった。すまぬ」

 ルシアスが目顔でその先を促すと、ロイは長い溜め息をついた。
 それから、右手を頭髪に突っ込み荒々しく掻きむしり、もう一度、今度は気合を入れ直すように短く息を吐いた。

「必死なのだ、クラウン=ルース。俺は彼女を守るために強くなったと言ってもいい。昔はかなわなかったが、今ならそれだけの力がある。あの当時守れなかったことを謝りたい。償いたい。そのために、俺は……っ」

 ルシアスはその様子を(すが)めた目で見ていた。
 馬鹿な男だと見下してのことではない。むしろ、ロイがこうして真剣さを見せる度に、ルシアスも気を引き締めざるを得なかった。

 ここで彼を侮っては、彼女を失うのは自分の方になりかねない、と。
 密かに感じた怖れを押し隠し、ルシアスは口を開いた。

「成さねばならぬ目的があるのであれば、せいぜい頭を冷やすことだ、コルスタッド殿。このままやりあっても埒があかないのは、そちらもわかっているだろう。沸騰した頭では得るものも得られまい」

 ロイは唇を引き結んでやや俯いていたが、眉間がかすかに動いて内心の動揺を表した。
 ルシアスは彼の返答を待たずに続けた。

「ヴェーナは実際には何と言ってきた。求める相手がこの船に囚われていると、はっきりそう言ったのか?」
……
「それも明かせないか。ならばこの話はここで終わりだ」
「待ってくれ!」

 ルシアスが話を打ち切ろうとすると、ロイが顔を上げた。思いつめたような、必死の形相だった。

「ヴェーナは……アリオルで『翠金石の瞳(スター・オリヴィン)』を見失ったと言ってきた。リスティーの居場所はその時点で把握していたから、別の存在がいたのかもしれない」
「ほう?」

 ルシアスは面白そうにロイを見やる。相手の腹の(うち)が読めず、ロイは少し戸惑いながら更に言った。

「しかしその行方までは、ヴェーナでも追えなかったのだ。手がかりを失った俺は、自らの足で情報を集めることにした。そして、アリオルで貴殿がリスティー以外の女性と一緒にいるのを見た、という証言を得た」

 ロイは、真っ直ぐな視線をルシアスに向けた。
 しかし若い海賊の長はこれといって動揺する素振りもない――もしロイが背後のスタンレイを見ていたら、多少は引っかかるものを感じただろうが。
 ロイは眼差しに更に力を込めて言い募った。

「出港直前の話だ。昼間のことだというし、その後貴殿が女性を抱きかかえて船に連れ込んだのだそうだ。一夜限りの娼婦ではないだろう。だから俺は、この船を追うことにした」

翠金石の瞳(スター・オリヴィン)』の行方は追えずとも、ルシアス達の行く先を占うことならヴェーナにとって容易いことなのだろう。魔導都市の面目躍如といったところか。
 それでもルシアスは平然として、それどころかロイから視線を外さないまま言った。

「何度も言わせるな。貴殿の探す娘はここにはいない」
「何故だ……!?」

 ロイが感情に任せて立ち上がり、ルシアスの胸元を掴みかかろうとした、その時のことだった。
 船長室(キャプテンズ・デッキ)の扉が予告もなく開いた。

「ねえ、いつまでかかるのルース?」

 二人はもちろん、ルシアスの斜め後ろに黙って控えていたスタンレイまでも、驚いてそちらを見た。

 そこに立っていたのはディアナだったが、何となくいつもと様子が違う。
 ルシアスは、こういった場に彼女が乱入してきたことが意外だった。同じ船長という立場にある者がすることではない。

「ディアナ。どうして」
「夕餉が終わったら、あたしと過ごしてくれる約束だったじゃない。いい加減、焦れちまったよ」

 普段の彼女の話し方とは違い、やや間延びしたような、鼻にかかったような声音にルシアスの違和感は更に強くなる。
 これは――演技、だ。

「それに何? 人を部屋から追い出して。いつまで寒い甲板にいればいいの?」
 ディアナは胸元に垣間見える谷間を強調するように腕組みして、唇を尖らせた。

 突然現れた婀娜(あだ)っぽい美女に、ロイは目を白黒させている。
 ディアナはそれに構わず室内へ歩みをすすめると、慌てて道をあけたスタンレイには目もくれず、着席したままのルシアスの首に緩く腕を巻きつけた。

「ディアナ、取り込み中だ」
 彼女の思惑がわからずルシアスは制止するが、ディアナは逆に豊満な胸を彼に押し付け、更には彼の太ももに腰掛けて絡みつくようにしなだれかかった。
「聞けないねえ。話ならこのまま続ければいいじゃない、あたしが勝手にこうしてるだけよ」
 言いながら褐色の頬に唇を押し付ければ、ルシアスが反射的に顔をしかめるのが面白かったのか、ディアナは悪戯っぽく微笑んだ。

……クラウン=ルース。その女性は、その……?」
 顔を赤くしながら、目のやり場に困った様子のロイが何とかそれだけ尋ねる。
 答えたのはルシアスではなくディアナだった。
「無粋だね、お兄さん。大きな身体しといて、これが見てわからないくらいの坊やなのかい?」
……っ」
 艶っぽい流し目をくらって、ロイが言葉を飲み込む。

 スタンレイがそっと顔を背けたが、どうやら奥歯を噛み締めて吹き出すのを堪えているようだ。普段の頭領と彼女を見知っているからだろう。

「言っておくけどね、ここはもともとルースとあたしの部屋なの。邪魔者はそっちさ。でも、お兄さんみたいな立派なガタイの男も嫌いじゃないわ。真っ赤になっちまって、可愛いねえ」
 からからと笑って言い、硬直したままのロイにディアナは婉然とした微笑を向けた。
「なんならお兄さんも、一緒に楽しんでくかい……?」

 ディアナがルシアスに頬ずりしながら舌なめずりしてみせると、ロイは怯えたように肩をそびやかした。
「ど、どうやら俺の思い違い、だったようだ。クラウン=ルース、重ね重ねすまぬ……っ」
 目を反らしながら、早口で告げる。
 この歳の男にしては珍しいくらいの狼狽(うろた)えぶりである。

「俺はこれで、失礼する!」
 わたわたとおざなりに頭を下げると、大慌てで彼は入り口へと急いだ。

 スタンレイが扉を開けるべく先回りして向かうと、ふとその手前でロイは立ち止まった。
 首だけ振り向いて、彼は言った。

「そういえば……、以前ここに来た時に扉のそばに立っていた若者は、今いるだろうか」
「ベインズなら、まだ帰船していないが。彼が何か?」

 ルシアスが答えると、ロイは残念そうに「そうか」と呟いた。

「先程街で会った際に、こちらが無礼な振る舞いをして、彼を怒らせてしまったのだ。改めて謝罪したかったのだが、不在なら仕方ない」
 バートレットを怒らせた、という一言が三人とも気にはなったものの、ここで問い詰めることは憚られた。

 ロイはルシアスに向けて告げた。
「彼もそうだが、彼の細君にも俺が非礼を侘びていたと、伝えてもらえるだろうか」
……。承った」

 ルシアスが了承するのを確認して満足気に頷くと、ロイはスタンレイに促されて一緒に部屋を出ていった。

 扉が閉じるのを見送ると、室内にようやく静寂が戻る。
 表情をすっかり入れ替えたディアナが、さっきとは打って変わった低い声で言った。

「借り、ひとつ返したからね」

 別に頼んだわけではない、と反論しかけてルシアスはやめた。
 ヴェーナに関して目新しい情報が得られそうにないとわかった時点で、あれ以上ロイと話す意味もなかった。

「そうだな、一応は助かった。だが、次はもっとマシなやり方で頼む」
 仏頂面のルシアスに言われ、ディアナはようやく彼から離れると腰に手を当てて憤然とした。
「無茶言わないでよ、土壇場であれだけやれば大したもんでしょ。それに次って何さ、あの男また来るってわけ?」

 ルシアスは彼女に目すら向けない。円卓の上で組んだ自らの指を見つめるその瞳には、険しい光があった。

「奴はそう簡単に諦めない」
「随分きっぱり言うじゃない。根拠があるの?」

 ルシアスのその様子に内心怯みながらも、ディアナは努めて表には出さず、誤魔化すようにロイの出ていった扉へと視線を向けた。
 あの程度の牽制で狼狽する朴訥な男に、それだけの熱意があるか正直疑問だった。
 ルシアスは冷ややかに微笑った。

「心底惚れた女と生き別れたら、どんな男もそうなるだろうよ」
……!」
 ディアナが目を見開く。ゆっくりと振り向いたその顔は少し紅潮していた。

「へ、へえ、そうなんだ……。そりゃ、どこまでも追っかけてくるか。ライラもあれで隅に置けないわねえ」
……

 ルシアスは考え事をしているのか、微動だにしない。
 無視されたことに腹を立てたディアナは、わざと声を大きくして言ってやった。

「そこまで直球で来られたら、あたしだったらそのうち(ほだ)されちゃうかも。あんたも肝に銘じておいたほうがいいわよ、ルース」
 うっかりしてたら取られちゃうんだから、と彼女は当て擦るように言った。

 すると、そこでようやくルシアスは顔を上げて彼女を見た。
 ディアナが身構えていると、彼は挑戦的な強い笑みを浮かべてみせた。

「わかってる」
……っ」

 意図せず更に顔を赤らめることになったディアナは、何と答えたものか言葉が見つからずに立ち尽くしていたが、やがて盛大な溜め息をついて独りごちた。

「まったく。ライラに同情するわ……
「聞こえてるぞ」
「聞こえるように言ったのよ」

 ディアナは悪びれるでもなく答えた。
 ルシアスに未練がないわけではないが、予想していた程の心痛でもないのに彼女自身気がついていた。いずれその残滓も、時とともに消えていくだろう。

 それに、恋に敗れても彼が自分の前から去るわけではないのだと、今回知ることが出来た。
 どちらかというと、人魚(シレーナ)号の喪失感の方が大きかったのだ。

 その事に思い至って、ディアナは苦笑した。
 次の船がうんと素敵だったら、失恋など吹き飛んでしまうのだろう、きっと。