Briongóid

海賊と偽りの姫

image theme of the story

人物紹介

  • 主要人物

    up date:2021/01/31

    ライラ・マクニール・レイカード
    エディル大陸を旅する女賞金稼ぎ。珍しいとされる『翠金石の瞳』を持つ。
    ルシアス・カーセイザー
    クラウン=ルースの異名をとる海賊。『天空の蒼』頭領。
    リスティー
    港街アリオルの踊り子。ライラと同じ『翠金石の瞳』の持ち主。
    ロイ・コルスタッド
    ヴェーナの魔導騎士団で隊長を務める。『翠金石の瞳』を持つ娘を探している。
  • 天空の蒼

    up date:2021/01/31

    ティオ・グラーフ
    少女のような容姿を持つ少年水夫。ルシアスの元専属従僕。
    ジェイク・マッキンタイア
    船医。外科だけでなく内科の知識も持つ変わり者。
    スタンレイ・カニング
    航海長。ルシアスに直接嫌味を言える数少ない人物。
    ハロルド・ランカスター
    ハル。掌砲長。強面だが面倒見が良い。
    ギルバート・ディレイニー
    血の気の多い青年水夫。
    カルロ・サンタンジェロ
    主計長。エスプランドル語の通訳も務める。
    バートレット・ベインズ
    正義感の強い青年水夫。ルシアスの信奉者。
    レオン・フランクール
    優秀な潜水士。
    マーティン・コックス
    青年水夫。レオンと仲がいい。
    リチャード・アレン
    リック。ティオにひっついている新入りの少年水夫。
  • エスプランドル

    up date:2021/01/31

    ディアナ・モレーノ
    人魚号の女船長。ルシアスに想いを寄せる。先代モレーノ船長の養女。
    ファビオ・パラシオス・デ・ラ・ロサ
    人魚号の航海長。ディアナの良き理解者。
    ロヘル・デ・アルモンテ
    エステーベ教の若い修道士。公用語の通訳を務める。
    ヘロニモ・クレメンテ・ゲレーロ
    エステーべ教の保守派の神父。宣教師として人魚号に乗船する。
    フェルミン・コルドバ・カルデナス
    エステーベ教の若い修道士。クレメンテ神父同様保守派で、やや過激傾向。
    マルセロ
    人魚号の水夫。メフルダード出身の元奴隷。
  • ヴェスキア

    up date:2021/03/10

    ダニエル・シュライバー
    ヴェスキアのやり手の商人。ルシアスの協力者。
    エルセ・シュライバー
    ダニエル・シュライバーの娘。密かに商人になりたいと思っている。
    フリッツ・シュライバー
    ダニエル・シュライバーの跡取り息子。箱入りで頼りない。
arrow_upward