Briongóid

Drama script

image theme of the story

魔法使いの館

Ep.02 黒い魔法使い(男性ver)

利用規約

登場人物:

語り手・黒い魔法使い(男性):恋占いのお店を開く本物の魔法使い。効果は抜群らしい。

聞き手・客:恋に悩み、藁にもすがる思いのお客様。

設定:

よく効く恋呪いの店があると聞いて、やってきた店には何と本物の魔法使いが…。

作者追記:

ちょいと893な感じの黒魔法使い。お金払えば仕事はきっちりしてくれるようなので、そんなに悪い人でもないのかもしれません。

001

いよう、いらっしゃい。
そこ座んな。

002

ん? 別に入る店なんか間違っちゃいねえよ。
知ってるよ、俺に用があるんだろ?
いいからそこ座れ。

003

恋まじないってのはな、本人の意思を無視して、他人がそいつの心を変えるってことさ。
黒も黒、呪殺の次くらいに真っ黒な、立派な黒魔術だろ。

004

キレイ事言いなさんな、今そいつがあんたに惚れてないなら、それがそいつの本当の気持ちってやつだ。
あんたはその事実に納得が行かなくて、ここに来たんだろう?

005

さあ、相手は誰だ?
俺の恋まじないは効くぜ? こういうのは得意なんだ。

006

どんなに意思の強い奴でも、この俺がそれをへし折って、あんたに惚れさせてやるよ。

arrow_upward