Briongóid

Drama script

image theme of the story

X'mas treeの下で

Ep.02 仕事のあとに

利用規約

登場人物:

高村:20代半ばくらいの独身男性。とっても社交的な性格で女友達がたくさんいる。

藤岡:20代後半くらいの独身女性。高村より5歳くらい年上の会社の先輩。真面目でお人好し。

設定:

クリスマス・イブだろうとなんだろうと、会社は今日も営業中。もっというなら年末の追い込み期間で、仕事が終わらないと忘年会に参加できない。
取引先に行ってきた二人は、会社への帰りに少し遠回りをしてイベント会場の近くを通りますが……。

001高村

うわー、さすがイブ。すごい人混みですね。

002藤岡

だから言ったじゃない、何もここを通らなくても……。

003高村

だってもったいないじゃないですか。せっかくイベントでこんなに盛り上がってるのに。俺らも楽しみましょうよ。

004藤岡

あのねえ、高村。今日は平日で、私たちまだ仕事中なの。

005高村

相変わらずだなぁ藤岡さんは。移動中にちょっと楽しんだって、罰当たりませんて。

006藤岡

この2人で楽しんでどうするの! さっさと仕事終わらせて、彼女でも迎えに行ったらいいじゃない。

007高村

えー。藤岡さんとがいいんですけど、俺。

008藤岡

そういう冗談嫌い。

009高村

傷つくなぁ。

010藤岡

ほら、もう気が済んだでしょう。会社戻るよ。

011高村

ねえ、もう少しだけダメですか。俺ほんとに藤岡さんとここ来たかったんです。

012藤岡

……は?

013高村

それでわざわざ、遠回りしてこっち通ってもらいました。

014藤岡

高村……?

015高村

こうでもしないと、藤岡さん俺とこんなとこ来てくれないでしょう?

016藤岡

……ちょっと落ち着きなさい。あなたらしくもない。急にどうしたっていうの?

017高村

急じゃないっすよ。今時こんなの会社で言えないでしょう。セクハラだのプライバシーだの……。

018藤岡

それは、まぁ……。……ちょっと待って、まさか本気?

019高村

マジだって言ってるじゃないですか。さっきから。

020藤岡

だって……今まで私たちそんな要素あった?

021高村

ありました。俺の入社後すぐの社内コンペ覚えてます? 藤岡さんが俺の指導係で。

022藤岡

覚えてる、けど。

023高村

あの時のアドバイスすごくやりやすくて、俺この人と気合うわって勝手に思ってたんです。俺の考え方とすごく似てる人だって。

024藤岡

似てはいないでしょ……。

025高村

でもその後、藤岡さん斉藤の担当もしたじゃないですか。そしたら、俺の時と全然違うこと言ってて。でも斉藤の奴すげぇいい企画出してきて。あんなのあいつ1人じゃ絶対出てこない。

026藤岡

あのね、新人の力を伸ばしてやるのが指導担当の仕事だから。わかる?

027高村

わかってますよ。でも藤岡さん、普段もほんとに俺のこと細かいとこまでよく見てる。こんなの惚れないわけないでしょ。

028藤岡

だから仕事だってば! わ、私はただ、大事な後輩をしっかり育てようと……!

029高村

あの斉藤ですら、最近あなたの事をいいとか言い出してる。

030藤岡

対抗意識で言われても困るし!

031高村

いつもの俺だったら斉藤なんか目じゃないですよ。なのに俺、今マジで焦ってる。斉藤ごときに。

032藤岡

高村、落ち着きなさい。そしてサラッとひどいこと言わないの。

033高村

ねえ、今だけ俺の事真剣に考えてくれませんか。ダメならすっぱり諦めますんで。

034藤岡

高村……。

035高村

藤岡さん、あそこのデカいツリー見えます? 俺、先にあそこ行って待ってます。もし、少しでも可能性があるなら来てください。……それじゃ。

036藤岡

え、ちょっと待ちなさい! こら高村! ……ああもう、どうしろって言うのよ……!

arrow_upward