Briongóid

Briongóid is the novels web site.
There are Fantasy, Adventure, and Love stories.
Have fun!

expand_more
background img1

Up Date

Notes

またしても遅くなってしまいましたが更新です。三章終わらせるつもりが終わらんかった……。

やっとサイトもリニューアルできました!
いろいろ改善してみたつもりなのですが……どうでしょうかね。
これまでの拍手に加えてマシュマロも登録してみたので、ぜひご利用ください。

それと本文も修正入ってるしこれからも入れる予定。ピンネース>ギグとか。船倉>最下層甲板とか……!
設定もあまりにもとっちらかっていて、本人恥ずかしくて読み返すのもつらいです、ううう。

とりあえず心機一転で、これからも頑張りたいと思います。

2019/05/16 久城トウヤ

Novels

海賊と偽りの姫

連載中 恋愛 長編

女賞金稼ぎのライラには、とあるジンクスがあった。それは、港町に立ち寄ると高確率で海賊クラウン=ルースと鉢合わせしてしまうこと。
今回もまた、ルース絡みの厄介事に巻き込まれ……。

禍つ宮

連載中 恋愛 シリアス 長編

不治の病にかかり、潮の祠に幽閉されてしまった元巫女の彩音。孤独な死を迎えようとしていた彼女の前に、銀色の光をまとった不思議な男が訪れる。その男の正体は……。
人外の者と卑屈な巫女の王道恋物語。

愛しの君に、剣の誓いを

完結 恋愛 コメディ 中編

騎士見習いのラスティは、『勇者様』な長兄と『王子様』な次兄という、自慢の兄達と旅の途中。そこへ、追手に追われた金髪の美少女が助けを求めて転がり込んできた!
ケルト風ラブコメディ。

幻楼堂奇譚

完結 コメディ 短編

店主だった祖父が亡くなり、古美術店の幻楼堂に一人残された孫娘の紗枝。ただ、この店はただの古美術商ではなく、ちょっとした秘密があって……。読み切り短編。

About

こんにちは。久城トウヤと申します。

このサイトでは、主に私が趣味で書いている一次創作の物語を載せています。
女性向けファンタジー中心、恋愛要素も多少あります。

以前途中まで書いていた物語を、手直しして再度掲載している物がほとんどです。
作風も扱う内容も流行りに乗っていない自覚はあるのですが直す技量もセンスもないので、あえて今更「個人サイト中心」での活動をしております。

数年の放置休止期間を経て再始動したのが、2015年4月のこと。このドメイン自体は2003年にとっているので、それ以前のフリーのWEBサービス時代を含めると一体何年やってるんだ…(そしてなんで完結してないんだ)という老舗サイトです。

「ひっそりのんびりマイペース」をモットーに運営していきたいと思っております。とりあえず完結目指してがんばります。

Contents

当サイトに掲載されている物語はすべてフィクションです。 史実や神話などからヒントを得て書いている場合もあるので、似た名称や設定が出ることもありますが、実際の地域・団体・人物とは何の関係もございません。

過激な性描写を扱う予定は今のところありませんが、作品によっては軽い性描写、反社会的・暴力・残酷描写が入ることがあります。
そういったものが苦手な方、15歳に満たない方は閲覧をご遠慮ください。
閲覧したことによって何らかの損害があった場合でも、当方では責任を負いかねます。

Contact me

読んでいただいた方との交流手段として「WEB Clap」と「マシュマロ」を置いています。

WEB Clapは原則として返信はしておりません。
非公開で頂いたメッセージに公開で返すという形式がどうしてもしっくりこないもので……。ご了承ください。

返信がほしい方は、お手数ですがコンタクトフォームマシュマロをご利用ください。

趣味とはいえ孤独な執筆作業を見える形で応援していただけると、私も嬉しいです。(スランプの時は特に読み返したりしてます)

Twitter

Twitterでは更新連絡だけじゃなく、適当なことを呟いています。大体日常のこととか仕事の愚痴とかハマってるゲームや音楽のことだとか。小説以外の話も多いのでフォローもリムーブもご自由に。

一応更新情報はサイトに次いで二番目に早いです。(ささやかな利点)

自己啓発系の怪しげなアカウントからのフォローが多かったため、無言フォローに対するフォローバックはしていません。声をかけていただけたらこちらからもフォローさせていただきます。

about SSL

当サイトはSSL導入済みです(ブラウザのアドレス窓についてる鍵マークのアレ)。ですが、これまで通りの通信でも閲覧できるようになっています。

SSLというのはざっくりいうと「表示されているページのあるサーバと、閲覧者側のブラウザ間の通信を暗号化して守る仕組み」です。

送信されるユーザー名やパスワード、ページそのものの改ざんを防ぐ等してくれます。ほんとにざっくりなので詳しくはググってください。

閲覧者に大きく関係がありそうなのは、非SSLだと特にchromeをお使いの場合『保護されていない通信』と表示されてしまい、少し不安になる、という部分だと思います。
Briongloidは辺境サイトなので実際の攻撃対象にはなりにくいでしょうが、気になる場合はアドレスの「http://」を「https://」としてください。

検索サイトさんなどは修正をしてありますので大丈夫です。ブックマークの方は登録のし直しなどお願いいたします。

arrow_upward